お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちら(営業時間 9:00~19:00)

新着情報

床をリフォームする時のポイント


 

住宅を購入し長い年月が経つと、床に所々の傷みがあると気がつきます。

劣化を感じたら内装リフォームをしましょう。

この年月までにリフォームを済ませなければならないという決まりはありませんが、

劣化が進むと住宅自体に悪影響を及ぼます。

住宅を長持ちさせるためにも、やはり定期的なリフォームは必要です。

 

 


1.リフォームを検討する時期

床は内装の老朽でも特に目につきやすい部分です。

目安としては、10年から15年が内装リフォームを考える時期です。

反り返ってきた、キズがたくさんある、歩くとへこむ…

これらの状態になったら、内装リフォームを検討しましょう。

床はリフォームをする前の状態、使われていた素材により費用や工事にかかる時間が異なります。

カーペットであれば、下地であるフェルト、カーペットを剥がしてから、

和室なら畳を剥がしてからリフォームが開始されますが、

フローリングの場合は2つに比べるとやっかいです。

存在するフローリングをすべて取り除いてから新しい素材を張りつけることになるので手間がかかります。

当然その分工事時間も長くなるので、費用も高くなります。

 

 


2.それぞれの部屋に最適な素材を選ぶと良い

床をリフォームする時、カラー選びも重要です。

淡い色の天井、壁に、濃い色の床を選べば天井が高く見えるし、

濃い色の天井と壁、淡い色の床を選べば部屋が広く見えます。

ただ、カラーの差が大き過ぎると違和感があるので、コーディネートに気を使いましょう。

また、キッチン、リビングなど目的別に適した素材があります。

内装リフォームをする際はそれぞれのお部屋に最適な素材をセレクトしましょう。

キッチンの床選びのコツは防水であることです。

これは前提とも言えるでしょう。

調理したり食事をすると、床に水分や食べ物がこぼれます。

拭き取りやすいビニール素材でつくられたクッションフロアを選びましょう。

洗面所や浴室も濡れた床が掃除しやすいクッションフロアが適しています。

家具を置くとあとがつきやすいのが弱点ですが、デザインのバリエーションが豊富です。

また、コストパフォーマンスでも優れています。

リビングやダイニングには、フローリングやカーペット、タイルカーペットが最適です。

フローリングは木の温もりが感じられ、洗練された印象を与えます。

カーペットは防音性が高く、肌触りの良さも利点です。

お手入れしやすいもの、防ダニなど機能性もさまざまな商品があるので、

環境に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

3.フローリングリフォームのポイント

フローリングは数ある床の中で合わせやすい素材と言えます。

どんなインテリアにもしっくりくるので、部屋のイメージを変える時に、

フローリングがいかに万能な素材であることが分かるでしょう。

床をフローリングにしたらオシャレ度がアップした…なんてこともあるかもしれません。

フローリングのリフォームは、張り替え工法と重ね張り工法のどちらかでおこなうことになります。

張り替えは存在している素材を剥がして施工する方法、

重ね張りは張り替えずにその上からフローリングを張りつける方法になります。

ただ、重ね張りの場合、存在する素材が10年以上経過していると張り替えをすすめられることもあります。
フローリングのリフォーム費用は、6帖の広さで10万円から20万円程度です。

業者や素材により異なるので、事前にチェックしておきましょう。

 

 

今回は、床をリフォームする時のポイント
についてご紹介しました。

床は10~15年を目安にリフォームを考えましょう。

傷んだまま放置するとより老朽するので注意が必要です。

フローリング、クッションフロア、カーペットなどそれぞれの素材に特徴があるので、

お部屋に合わせて選びましょう。

 

神戸市の住宅リフォームは有限会社AIS(アイス)にご相談下さい。


会社名:有限会社AIS(アイス)

住所:〒658-0025 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-21-12 三宅ビル4F-S

TEL:078-766-0423(代表直通TEL 090-8204-4306)

営業時間 : 9:00~19:00 定休日:

対応エリア:神戸市、加古川市、明石市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、芦屋市

業務内容:リフォームや外構・エクステリア、住宅リフォーム

pagetop